memo

memo@yh

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸を見てふと思った思いつき

1611年7月13日 真田 昌幸 死去
1614年07月26日 方広寺鐘銘事件

いよいよ始まった真田丸。二話までで最高に楽しい存在なのが草刈正雄演じる真田昌幸です。
草刈昌幸があまりにいい雰囲気の武将を演じられている姿を見て、家康はにとって昌幸は本当に天敵だったんだろうな~とか今後散々苦しめられるんだろうな~と草刈昌幸の活躍を想像していたら、ひょっとしたら家康は昌幸が死ぬのを待ってから豊臣家を滅ぼそうとしたんじゃないかと思って上記二つの事柄を調べてみました。
結果関係無さそうな感じですね。方広寺の事件まで三年もあるし、その間に秀頼との二条城での会談もありましたし。

あと個人的には穴山梅雪恰好良すぎです。
新田次郎の『武田信玄』だと顔に痘痕が..とかあまり合戦で活躍するシーンもなく恰好よく描かれてませんから。彼が最期にどういう描かれ方をするのかも楽しみです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yharch.blog49.fc2.com/tb.php/360-f5918dfe

≪前の記事   -   HOME   -   次の記事≫

verti-cal

2017 / 06
-4111825
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
3101724-

デジタル時計

プロフィール

yh

Author:yh
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。