memo

memo@yh

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.07

ドナルド最高でした


スポンサーサイト

destination is Suzhou

IMGP6204.jpg

瑠璃塔~盤門

IMGP6144.jpg

IMGP6184.jpg

IMGP6149.jpg

ヨーロッパではまった鐘楼や塔登り。
夏場はつらいけど実行しました。
3層目くらいまでがれんが造で上部が木造

IMGP6189.jpg

IMGP6192.jpg

この門は割りと古く元代のもののよう。
結構、このあたりの風景はおもしろかった。

IMGP6219.jpg

留園

IMGP6252.jpg

世界遺産にも登録され、中国四大名園のひとつ。
個人的には、数ある蘇州の庭でもここの庭が最高傑作だと思う。
ただし、訪れる時期は要注意。
観光シーズンは、マイクを持った中国人ガイドが喋り捲り雰囲気をぶち壊すので。
それはどこも一緒ですが、はっきりいって不快な気分になります。

IMGP6249.jpg

ガイドから逃げるように、人気のない場所を探すと陰影のきれいな中庭に出くわす。

IMGP6283.jpg

IMGP6295.jpg

蘇州の庭はジグザグにしたり、高低差を利用した回廊が主役と言ってもいいくらい
回廊が多い。

IMGP6306.jpg

IMGP6308.jpg

IMGP6310.jpg

建物と正面の壁面の間の庭空間。
ちょっと窮屈そうなんだけど、なんか気持ちよさそうなのはなぜ...

IMGP6317.jpg

IMGP6320.jpg

回廊の窓には透かし窓をしつらえたり、
蘇州の庭の特徴である太湖石(だっけ?)を開口部の景色になるように配置している。

IMGP6339.jpg

IMGP6328.jpg

山塘街

IMGP6359.jpg

江南っぽい風景

IMGP6361.jpg

ここも歩くと楽しいエリアでしたよ。ランチするのにちょうどいい。

IMGP6364.jpg

IMGP6369.jpg

IMGP6373.jpg

北寺塔

IMGP6380.jpg

呉の孫権がお母さんのために建てた寺。
といっても三国時代の建物ではもちろんありませんが、やはり、そんなエピソードを思うと
孫権もここに来たんだなあって感慨にふけったり。

IMGP6410.jpg

IMGP6421.jpg

がーんっと空いた塔一階部の開口。
壁厚が400mmくらいでしたので寝っころがるにはちょうどよい大きさでしたよ。

IMGP6394.jpg

IMGP6396.jpg

IMGP6431.jpg

拙政園

IMGP6438.jpg

蘇州で一番名園とされていそうな拙政園
個人的にはあまりまとまってない感がありました。
各亭も散在しすぎていたり、そこから見える景色も平凡
ただ、とにかく広い。

IMGP6439.jpg

IMGP6440.jpg

IMGP6455.jpg

IMGP6461.jpg

IMGP6476.jpg

虎丘

IMGP6487.jpg

宋代961年の建設らしい。北に15度傾いてます。
今はコンクリートでがちがちに固めているのでこれ以上は倒れないそう。

IMGP6512.jpg

IMGP6522.jpg

IMGP6507.jpg

レンガむき出しだからか、軒の出がないからか
すごく、インドや東南アジアの遺跡っぽくてぞくぞくする。

帰りの新幹線の時間が迫ってたのでこれで蘇州は終了。
明日、朝にはリニアモーターカーに乗って、かえります。

Go back to china

IMGP6092.jpg




この曲を聴きながらど~ぞ

IMGP6096.jpg

IMGP6123.jpg

IMGP6114.jpg

IMGP6126.jpg


IMGP6133.jpg

Shanghai Expo 2010 その2

お昼休憩の後に、もうひとつの個人的な目玉、UAE館ヘ向かう。

IMGP6027.jpg

ノーマン・フォスターによるデザイン

IMGP6020.jpg

このRは三角形のステンレスを使用して組み立てられているので、
簡単に組立・解体が可能らしい。
また、表面には特殊な塗装が施され、多様な色を見せる(らしい)

IMGP6032.jpg

IMGP6040.jpg

ここでは、最長2時間待った。目の前に熱中症で倒れる女性もいてかなり疲れたけどきっと
良いプレゼンが見れるはず..と期待していたのですが。

IMGP6023.jpg

映像を使用したUAEの紹介。昔は真珠がよくとれたそうだけど、
人工的に作れるようになってからは真珠の価値が激減し、国は衰退。
しかし、現代の真珠(oil)を発見し国は発展した~
F1を開催したり、世界一高いビルを建設したり、かいつまんで言うと
こんな内容。

でも、これを今の中国で見せる意味ってどこまであるんだろう
という疑問が浮かぶプレゼン。もちろんお金はかかってましたよ。


IMGP6051.jpg

その後はアジアエリアをぶらり。


IMGP6063.jpg

北朝鮮館は見る価値なしです。何を見て欲しいのか不明。

IMGP6080.jpg

中国館は本当に大きく、高い。
メンツが現れています。

IMGP6071.jpg

日陰を求めてのんびりしています。
それにしても中国人は人前ですぐ裸になったり、寝っ転がります。

なんど、中年親父の裸を見たことか...

暑さや、疲れもあいまって4時くらいには会場を出て、外灘に向かいました。
最後におみやげを買ったのですが、北京オリンピックの時もそうでしたが、
中国主宰のイベントグッズってセンスないというか欲しいものが全然ありません。
唯一、各国のパビリオンのバッチがあったのでそれを購入して帰りました。
しかし、グッズ売り場のお姉さん、サービス悪すぎ、おつり足りないし、お金を投げ捨てるように渡すとか、
こういう態度で、イベントの印象って決まってしまうから、もっと教育した方がいいと思うんだけどな~




Shanghai Expo 2010 その1

3泊4日まで上海にいってました。
もちろん、万博がお目当て。
casaによると、馬当路駅から行くのがスムーズとのことでしたので
9号線の馬当路駅でチェックインをして、ボディーチェックをして入場しました。

会場到着後、真っ先に向かったのがU.Kパビリオン

IMGP5920.jpg

朝早かったので30分並べば入れました。

IMGP5912.jpg

やはり実物のインパクトは強く、
風がふけばゆらゆら。


IMGP5866.jpg

パビリオンの入り口まで芝でつくった地図があって楽しませてくれます。

IMGP5889.jpg

パビリオンの中。
かなり暗い。
これを教会と呼ぶのが分かるような、とても神秘的な気持ちになれます。

IMGP5878.jpg

次は...

IMGP5923.jpg

中国語だとこう書くんですね、この国。さて問題。どちらの国でしょう???

IMGP5926.jpg

正解はルクセンブルグでした。展示物はルクセンブルグの紹介でした。あんまりおもしろくないのでほとんどスルーです。

IMGP5950.jpg

スペインも非常に興味をそそられましたが、かなりの並びが見えたのでパスし、

IMGP5951.jpg

ちょっと待てば入れそうなセルビア館へ。すでにこの時点で疲れてたので
あんまり中を覚えてない....
そしてフィンランド館

IMGP5980.jpg

IMGP5981.jpg


IMGP5987.jpg

IMGP5998.jpg

中ではマリメッコや食器、nokiaなどを紹介していました。

そろそろお昼どき
入れそうなレストランを探しているとローソン発見。
またまた並んでました。みなさんお弁当を買ってるんですね。

IMGP6003.jpg

お昼は、日本式牛丼を食べました。
つゆだく...というか牛丼クッパみたいな、雑炊みたいにつゆが多い牛丼で
くどかった~、味はまあまあですが。

ここで13時くらい。混んでると聞いてたので、UKくらい入れればいいかなと思ってましたが、
合計4っつのパビリオンに入場でき、まあまあ順調でした。

その2につづく...

drinking party

入社して初めて皆さんとお食事、飲み会。
楽しかった~

すごくいいルームにいることを実感。
しかし久々に二日酔いですが...

08.01.6-3!

R0016511.jpg


W杯中断明け初観戦。
多分、10年ぶりな平塚での試合。

やっぱり自宅から近いというのはなんだかとても贅沢な気分。
しかし、このスタジアムは客席からピッチが遠い、オーロラビジョンがない等で見る環境には相応しくない。
今回座った席もA指定だったけれど、なんかすごく距離を感じる席だった。
今まで行ったスタジアムでもワースト3に入るスタジアム環境...

さて、試合の方は、
地元なので湘南も応援したいけど、生まれ故郷がまずが優先。
前半15分の間に4点も決まって、座った席がホーム側だったのもあり、周りの湘南サポに遠慮しながら喜ぶ。
でもさすがにかわいそうだった。。。
そしたら2点返されて、わからない展開に。これじゃあ火曜日のセレッソ戦とおんなじだ~と思ってたら
後半2点決め、結局6-3で勝利!!

今年は観に行った試合で負け無しです!
(って当たり前か、まだ1敗しかしてないもんなあ(ナビスコは除く))

次戦のアントラーズ戦も行けたらな~

≪前のページ   -   HOME   -   次のページ≫

verti-cal

2010 / 08
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

デジタル時計

プロフィール

yh

Author:yh
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。