memo

memo@yh

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩

今日はお散歩で池上本門寺に参拝してきました。
我が家から徒歩25分くらいなので、ちょうどいい距離です。
それに思ったよりいい雰囲気でしたが、境内は初詣の客狙いの屋台が準備中でした。DSC08348.jpg
まず階段に挑戦。

DSC08350.jpg

本堂までのがら~んとした空間。本堂はRC造。

DSC08353.jpg

門を裏側からみたところ。門もRC造。

DSC08355.jpg

「本」マークとは...

DSC08356.jpg

赤い五重塔ははじめて見ました。師走の空ですね。

ここ本門寺にはすてきなお庭があるのですが、非公開でみれません。お寺ってこういいうとこきらい。公開するときは特別公開ってなにか恩着せがましいし、別料金だし。なんだかお寺じゃなくて美術館みたい、宝物館なんて名前やめたらいいのに。
スポンサーサイト

たまりば

なんとなく気になる言葉、惹かれた言葉をこのブログでアーカイブにしてみようかな。

「人間が知覚する現象が空間を生み出す」
「普通なものと普通じゃないものの境界線」
「自然現象に近いようなモノによって空間がつくれたら...」
「強制力のなかに恣意性が存在しないもの」

僕は何を目指しているでしょう~誰か分析お願いします...

今日はイブですね

しかし、そんなイベントとは縁がないのでMIグランプリを見て、麒麟を応援。笑い飯もおもしろかったけど、フットボルアワーはイマイチ。

その後、M君が来て、ごはんを食べた。

相変わらずworldのいい案が浮かばない。

最近気になる↓
20061224222503.jpg
吉村順三ギャラリー

吉村さんは住宅作品が多く、なかなか見学する機会がないのですが、ここは見れます。

塀から踏石~玄関というどこにも見れる空間ですが、わずかしかない空間に木があるのがいいですね。普通あそこに植えないですよ。木があることでなにか豊かな空間になってる気がします。

余談ですが、昨年東京芸大で行われた、吉村順三展には4万人が来場したとのこと。まあその中の二人は僕だけど...
でも丹下さんや村野さんではなく、吉村さんにそこまで入るというのがすごいですね。なかなか説明しにくいと思うんですよね、吉村さんて。心地みたいなのは美術館では味わえないし。
だからこそやはり体感できる空間があるというのは大事ですね。

こういうギャラリーが存続されるためには、来場者次第なので是非多くの人がきますように。

オープンハウス

DSC08344.jpg

久しぶりの更新。
専門時代の友人が働く仲亀事務所のオープンハウスに行ってきました。
行った感想としては...
やりたい事もわかるけど、コンセプトもわかるけど...
他にもやり方があったんじゃないかと考えてしまいます。

その場所の固有性というか場所性を考えたときに、他にも可能性があったと思われるようでは正直だめなのではないかと。


DSC08337.jpg

擁壁の脇の階段をのぼると、中庭。右手が玄関。この中庭を囲むように居室が配置され、階段をのぼるとLDK。4階立ての高さらしいけど、実際は二階建て。ガラスで囲わず、テラスにしたいとこだけど、そうすると、法規に引っかかるのだとか。

DSC08332.jpg

のぼりきったときの光景はいいと思います。ただLDKの箱が宙に浮くことで、一階にそのしわ寄せがきてます。セジマさんをみていると、柱のφが3倍はあるのでは。また偏心ブレースは下まできてないので一階の天井スラブで支持するため、厚み350mmあるみたい。建物全体を支えるコンクリートは700mmだとか...
DSC08328.jpg

S君。貫禄でてます。

それにしても、久々に相鉄線乗りました。ローカル具合がいいですね。今回はいずみ中央という駅だったけど、お隣の緑園都市は山本理顕の集合住宅がいっぱいあったので、次はいってみようかな。
その後一緒に行ったM君はカレーミュージアムに行くらしく、一時別れ、20時に渋谷で再開。F君が合流するまでworldの打ち合わせ。しかし、ちっともこないので21時30ごろ飲みいく、そしたら22時30ごろ電話で渋谷のsecobarに来いとのこと。行ったらよっぱらったF君が大量のおしゃれさんとともに登場。F君は僕らを外にまたせつつ、モデルらしき女性と談笑。いいかげん腹が立ち、帰る。謝りながらも目は笑ってる...ここまでいいかげんだとはね、こんどおごってもらわな気が済まへんな。

small planet

0113.jpg

↑クリック!

仕事中暇なので作ってみました。

意外と簡単。

以下は本城風写真のレシピ

1.photoshopでレイヤーをつくる。
2.1でつくったレイヤーにグラデーションをかける。
3.そのレイヤーは黒~透明~黒となるように。

この時点で背景レイヤーとグラデーションのレイヤーの二つができてるはず。

4.macの人はグラデーションのレイヤーをコマンドキーを押しながらクリック。さすればグラデー 
 ション部分が選択できます。winのひとは確かcから始まるキーかな...
5.レイヤーを背景にし、ぼかし(ガウス)でお好みにかける。
6.グラーデーションレイヤーを削除。

完成!!

彩度やコントラストをあげるといっそう、本城度があがりまする。

しかし、ほんと事務所ひまひまひま。なのでworldのコンペ、事務所でやれそう。頑張ろう。

新日曜美術館

20061206000106.jpg

実は駐車場が一番かっこいい~

20061206000124.jpg

伊東さんではいちばん好き

20061206000134.jpg

せっかく福岡まで行ったのに入れないなんて...型枠みたら、こういう形も納得。小口の処理が...

この前の日曜は伊東豊雄が特集でした。
そういうわけで、僕がみた伊東さんの作品をupしてみた。
まだ三つしかないんだね。それに地方ばっかだ。
そんだけ僕が旅してるというわけだね。
それに、そんなにすごい人かな、伊東さん...
山本理顕もそうだけど、いいのはわかるけどなんか好きになれない。
まだ答えがみつかりません。


同窓会

c0094673_232564.jpg


一昨日は同窓会でした。同窓会なるものは初めて(ゼミのOB会はあるけど)
卒業以来の方々とお会いでき、とても楽しいひとときでした。
特に、しゅんくんのお話にはとても刺激をうけました。
学生のころからもっと話ておけばよかったと、痛感しました。
それにしても、みんなシモネタ好きやなあ~
どこの社会に属していても、同じってことか


三渓園に行ってきました

DSC08306.jpg

臨春閣
20061202210004.jpg

20061202205955.jpg

臨春閣インテリア

DSC08321.jpg

聴秋閣
DSC08320.jpg

聴秋閣のインテリア


とても天気がいい日にNさんと横浜・三渓園に行ってきました。人の多さは気になったけど、やはりすてきな場所。特に上の二つの建物は日本の古建築の中でもトップクラスなのではないでしょうか。そして聴秋閣は各部屋の形がばらばらというか、部屋がななめにきられていたりと、非構成的なんだけど、全体はとてもきれいなケンチクにおさまってる。ポストモダン!?

DSC08324.jpg

その後はNANZUKA UNDERGROUNDで行われている黒田潔の個展へ。独特の線画タッチがたまりません。今度お会いするのが楽しみ☆

≪前のページ   -   HOME   -   次のページ≫

verti-cal

2006 / 12
-310172431
-4111825-
-5121926-
-6132027-
-7142128-
18152229-
29162330-

デジタル時計

プロフィール

yh

Author:yh
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。