memo

memo@yh

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.13乾徳山

鳳凰山のリベンジということで、甲州市にある乾徳山に登ってきました。

登山口のバスが出ている塩山駅でバスを待っていると、バス運行が無いことに気づき...
同じように間違われた方5名でタクシー相乗りしました。汗

天気はどんよりしてましたが、今回はトレーニングなので天気は気にしない!

山頂には無事到着しましたが、かなりばてばてでした。

DSC00111.jpg

こんな体力で来週槍にいけるのでしょうか...

DSC00104.jpg

それと、乾徳山名物の最後の岩場。結構危なかったです。
クライミングシューズ持参の方が安定して登れそうです。


あと、以外にこの乾徳山、お花が咲いていたのと、鹿にも会えました。

DSC00089.jpg

子鹿は僕を見ると逃げました...


イワインチン

DSC00103.jpg

ウメバチソウ

DSC00120.jpg

ウスユキソウ(ミネウスユキソウかヒメウスユキソウかわかりません。)

DSC00101.jpg

ノアザミ

DSC00119.jpg

そんなわけで乾徳山は岩場あり、花あり、鹿ありでとても楽しい山でした。
帰りのバスでぶどうやモモの直売所がたくさん並んでいるのがみえて、
次回はそれらを含めたツアーを企画したいと思ったわけです。

温泉も川浦温泉というのが近くにあり、
20年近くも前にNHK大河ドラマの武田信玄で、信玄がよく川浦の湯に入っていたのでさぞ体にいいのだろうと勝手に思ったり。
さらに、山県館という武田四天王の一人、山県昌景の御子孫が経営されている旅館もあるそうなので信玄ファンには
たまらない場所ですね。近くに恵林寺もあるし。
なので信玄大好きな私としては、山関係なく興味のあるスポットなのでした。

スポンサーサイト

鳳凰山 敗退...

バテバテ...
敗因ははっきりしていて、
1.一人登山ということで、調子にのって最初からとばしすぎた
2.時間が無かった
3.時間が無いことから早く登らないとというあせりがあった

という理由で、登山開始してから二時間でリタイア。

そんなわけで写真は花の写真ばかり。
それにしても今回選んだ中道ルート。
標高差が1700もある。
1200mを超えると結構つらいのですが、それよりも500もある。。。
とりあえず鍛えなおしです。

DSC00067ヤマクワガタ
ヤマクワガタ

DSC00072.jpg
ウメバチソウ

DSC00074ヤマホタルブクロ
ヤマホタルブクロ

DSC00062マルバダケブキ
マルバダケブキ

2014.07.06 日光高山~お気軽ハイク

久しぶりに日光に登山。
今回は、奥さんの会社の同僚さんとその彼。

なので、難しい山というよりは簡単な山ということで日光高山をめざしました。

バスを滝上で下車。

R0050013.jpg

竜頭の滝の上らへん??

R0050014.jpg

めざす山でしょうか?よくわかりません...

R0050020.jpg

1時間ちょっとで頂上なのでのんびりと。

R0050016.jpg

途中でギンリュウソウを発見。

R0050023.jpg

やはりあっという間に頂上到着。

展望は無いです。そして下山。

R0050030.jpg

R0050034.jpg

特に展望が無く退屈な登山道といえばそうなのですが、
この時期は緑がきれいです。それに植林が少なく、いろんな木を楽しめました。
花も多少あったのですが、このカメラ、マクロが全然だめでほとんどぼけてました。

R0050033.jpg

降りてきた中禅寺湖畔でランチ

R0050046.jpg

船で戻ろうと千手ケ浜まで歩く。ただ、船の運航は7月3日までということでバ
スで赤沼まで戻るはめに。

R0050053.jpg

ただ、クリンソウはまだ咲いてました。
写真 2014-07-06 14 14 06

写真 2014-07-06 23 20
赤くなる前のアキアカネ

帰りは、スペーシアで贅沢に帰宅。

登山は二カ月ぶりなのでいいリハビリになりました。
今年の夏は試験が無いのでたくさん登るためのいい訓練でした、さて次はどこ登ろう~

2014.04.27 蝶ケ岳

GW前半、北アの蝶ケ岳へ。
雪はたっぷりですが、危険な所はなくピッケルは不要でした。
アイゼンは10本以上が良さそうですが。

写真 2014-04-26 16 13 53

写真 2014-04-26 16 45 33

暖炉のある徳澤ロッジに一泊

R0039710.jpg

朝焼の明神岳。かっこいい

R0039727.jpg

長い長い長塀尾根を登りつめると稜線に。
左にちょっこと常念岳が顔を出す。

大展望に思わず、ワァーと叫んだ。

R0039733.jpg

R0039749.jpg

穂高ズーム

R0039753.jpg

槍ズーム

とまあ、ざっくりの記録。
大展望はよかったけど、もうこの尾根は歩きたくないと心底思う長塀尾根でした。





2013.05.04愛鷹山

久しぶりに、両親と三人で登山しました。
一緒に登るのは10年くらいぶりでしょうか。
両親にとってはリハビリ登山となりそうです。
そこで選んだのは静岡県の愛鷹山。
200名山でもあり、コースタイムも短く、展望も良さそう。

R0030101.jpg

駐車場から世界遺産となった富士様を拝む
さすがGW、8時の時点で満車です。

R0030103.jpg

ゴルフ場が景観を損なって残念

R0030109.jpg

笹の向こうに富士様と、南アルプスがうっすら

R0030113.jpg

頂上着。
コースタイムが2時間あまりの山だけあって、あっさり到着です。

R0030121.jpg

アルプスズームイン

R0030123.jpg

富士様の裾野も入れて。

R0030129.jpg

お花でも撮ってみました。なんという花?

R0030134.jpg

無事下山。あっさりすぎて個人的には物足りなかったけど、
両親は結構満足してたみたいでよかった。

でもだんだん山には虫が増えてきてます。。。
そちらの対策も考えねば!

≪前のページ   -   HOME   -   次のページ≫

verti-cal

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

デジタル時計

プロフィール

yh

Author:yh
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。